不当判決の連発に怒る教員・市民が9月25日にアクションを起こします


by saibansho-action

カテゴリ:実行委員会だより( 1 )

9月2日、「9・25裁判所前アクション」の
第二回実行委員会が都内で開かれました。

実行委員会には、
川柳人の乱鬼龍さん、チラシの漫画を描いてくれた壱花花さん、
分限免職裁判を闘っているジョニーHさん、
さらに根津さん、河原井さん、増田さんら、12人が参加しました。

当日に向けての色々なことが話し合われました。
多彩な顔ぶれなので、面白い話も沢山でました。

ところで、実行委員会では今回川柳のシール投票を予定しています。
これまで、27句が寄せられています。

その中なら、とりあえず乱鬼龍さんが選んだ11句を紹介します。
(当日のシール投票へのノミネートのようなものです)

・「良心を 捨ててから書く 判決文」
・「裁判官 不義を助けて 義を負かす」
・「良心の 自由を捨てた 裁判所」
・「都教委の コピペですます 判決文」
・「判決文 原告よりも 記者が先」
・「起立礼 ここは学校か 軍隊か」
・「憲法の 居場所なくなる 裁判所」
・「憲法が 裁判所から 追い出され」
・「裁判官 読まない 聞かない 考えない」
・「裁判官 憲法よりも 空気読み」
・「裁判所 強制退去は 得意技」

皆さんからも川柳を募集していますので、
このメールへの返信でも結構です。
どうぞ送って下さい。

→投稿フォームはこちら

また、ジョニーHさんは、当日歌う予定の
『サンバ・ド・ルドベキア』という自作の歌を
紹介してくれました。
「ルドベキア」とは北米原産のキク科の花ですが、
「かたよることない水平な花びら」が特徴だそうです。
一同その歌詞を聞いて大笑いしました。

不当裁判に怒っている団体・個人の皆さん!
9月25日(金)裁判所前に集まり、
大きな抗議の声を上げましょう!!


報告=渡部


[PR]
by saibansho-action | 2009-09-03 18:06 | 実行委員会だより